山川不動尊 結城市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

山川不動尊 結城市

場所 結城市山川新宿

 

見所
山川不動尊
山門
楼門
鐘付き堂
本堂
など

 

駐車場有 不動尊の向かって右側の方に
車の巾に線が切られている空き地があったので地元の方に聞いた所、
「参拝するだけなら置かしてもらっても大丈夫だとおもう。」
といわれたので、ありがたく停めさせてもらった。

 

茨城百景の碑 山川不動尊 
茨城百景の碑と山門

 

何と今日は、予定していた所が駄目になり、
急遽いけたら行こうとおもっていた山川不動尊に
来てみると物凄い人だかり
参拝者と露天に圧倒されながら、山門をくぐります。

 

楼門 山川不動尊 
楼門

 

真っ赤な楼門には、
迫力のある仁王様がいらっしゃいます。

 

鐘付き堂 
鐘付き堂

 

鐘の音もこの少年が撞いてくれました。
非常に良い音でまた聞いてみたいです。

 

山川不動尊(大栄寺)本堂 
山川不動尊(大栄寺)本堂

 

山川不動尊とは、真言宗豊山派 明王山不動院大栄寺
が正式な名前で大栄寺の本尊が山川不動尊(不動明王坐像)。
改修中であるのか板が張られていました。
また、本堂前にも色々な店が出店されていました。

 

平将門公の守り本尊、
不動明王坐像は収蔵庫の方に保管されています。
非常に興味はあったのですが。
何でも弘法大師作で京都の東寺より
将門公が持ち帰ったものということです。

 

このお不動様をもって綾戸城にひそんでいた
将門公の家臣・坂田蔵人時幸は、
敵の軍勢の前に苦境にたたされ山川沼に逃れて
一心にお不動様に祈ると突然の暴風雨に
敵も見方も沼に沈んでしまったということです。
その後、お不動様が漁師の網にかかり引き上げられ
仮に安置されていて、その後
大栄寺に祀られたと言うことです。

 

本堂の彫刻 
本堂の彫刻

 

見られないとがっかりしながら
撮影させていただいたお礼をしようと
本堂に近寄るとそこには、
驚くばかりの彫刻がありシャッターを切りました。
この彫刻はただものではないと目を見張りました。

 

楼門と露天 
楼門と露天

 

帰りにもう一度楼門の写真を
撮っていたら地元の方に声をかけられた。
「良い写真取れましたか。」
「はい。撮れました。
ところでいつもこんなに人が多いのですか?」と尋ねると。
「毎月28日は縁日なんです。だから、人が多いんですよ。」と教えられ、
初めてその事に気がついたのでした。

 

お不動様がわざわざ縁日の日呼んで下さったのかなと思い感謝しました。
何とものどかでにぎやかで、この寺が大好きになりました。
また、縁日に来て見たいと思ったのでした。

 

露天でお好み焼きを購入して
とても気分良く帰宅の途につきました。

 

案内図

 


大きな地図で見る