磯部桜川公園 桜川市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

磯部桜川公園 桜川市

場所 桜川市磯部

 

見所 磯部桜川公園 (貴重な桜種多数)
磯部稲村神社(桜・紀貫之歌碑など)
鏡ヶ池など

 

駐車場有

 

 

 

桜が咲いているという話を聞き、
桜の名所であり貴重な桜種が多くある、磯部桜川公園に来てみた。

 

以前にも何度か桜が満開の中、
公園に面した桜並木を通ったことがあります。

 

古い時代から桜が有名で、
世阿弥の謡曲「桜川」の舞台になった所です。

 

 

磯部桜川公園 石碑
磯部桜川公園 石碑

 

 

駐車場に車を停めると
目の前に公園の看板があったので、全体の位置などを見た所。
広い範囲に桜が咲いているようです。

 

 

磯部桜川公園 案内図
磯部桜川公園 案内図

 

 

磯部桜川公園 満開の桜
磯部桜川公園 満開の桜

 

 

磯部桜川公園 満開の桜 池附近
磯部桜川公園 満開の桜 池周辺

 

 

駐車場から池に向かって歩いていくと、
満開の桜が広がっていて風が吹くと花びらが舞い非常に美しく、
しばらく桜吹雪の中にたたずんでみました。

 

 

磯部桜川公園 お花見に来た人たち
磯部桜川公園 お花見に来た人たち

 

 

流石に普段の日の昼間だったので、
会社関係は少ないようですが、
子供をつれたお母さんや老夫婦が多く訪れていました。

 

 

茨城百景碑 磯部桜川公園
茨城百景碑 磯部桜川公園

 

 

茨城百景 浪曲桜川の桜 磯部月山寺 富谷観音とあります。
この辺りは、花もかなり散ってしまっていました。

 

 

磯部桜川公園 桜の林の中
磯部桜川公園 桜の林の中

 

桜の林は満開の花でなんともいえない、
雅やかな空気に満ちていました。

 

 

磯部桜川公園 大正時代の碑
磯部桜川公園 大正時代の碑

 

 

ここまでが公園のようなので
道路側を通り駐車場に向かいます。

 

 

磯部桜川公園 満開の桜
磯部桜川公園 満開の桜

 

 

磯部桜川公園 満開の桜
磯部桜川公園 満開の桜2

 

 

石碑付近の満開の花に
見入りながら歩きました。

 

 

天然記念物「桜川の桜」指定11種
天然記念物「桜川の桜」指定11種

 

 

この公園には貴重な品種の桜が11種類あり、
天然記念物として指定されほごされているそうです。

 

 

磯部桜川公園 山桜
磯部桜川公園 山桜

 

 

帰りにふと目にとまり、その美しさに驚いてしまいました。
今日は何度も美しいと思いましたが、
今日一番の記憶を残したのは、この花の奥深い美しさでした。

 

 

磯部桜川公園より羽黒山・棟峰を望む
磯部桜川公園より羽黒山・棟峰を望む

 

 

駐車場付近に戻ってきました。
本来はこれで終わりのはずが、
笠間市大郷戸方面から来たため偶然知ったのですが、
石碑を見て偶然に驚きました…

 

 

鏡ヶ池 石碑
鏡ヶ池 石碑

 

 

丁度、桜も満開のようでした。
ここが桜川の水源で霞ヶ浦に注いでいるのかと思うと
感慨深いものがあります。

 

 

鏡ヶ池
鏡ヶ池

 

 

鏡ヶ池と桜
鏡ヶ池と桜

 

 

大きさもそれほど大きくない池ですが、
いかなる日照りでも水がかれることが無いと、
いわれているそうです。

 

石碑によれば、夫木和歌抄には、
 「みせみせぬ鏡ヶ池におしとりはみつから顔をならべてぞいる」
と読まれていて有名ということです。
おしどり居るのかなと思い池を見ていると、
丁度、つがいの鴨が飛んできて池に着水し、
ならんで泳いでいるので、
またの偶然に驚きながらシャッターを切った。

 

 

鏡ヶ池のつがいの鴨
鏡ヶ池のつがいの鴨

 

 

磯部桜川公園・鏡ヶ池は、世阿弥や紀貫之など、
凄い方と縁のある場所なのだと思いました。

 

桜は本当に見事で満開の公園は何ともいえない、
空気感・オーラにつつまれている様に感じました。

 

特に山桜の花にとても惹かれました。
機会があればまた訪れたいと思います。

 

 

 

再訪

 

今日は磯部稲村神社へ訪ねました。

 

 

磯部稲村神社
磯部稲村神社

 

 

紀貫之歌碑
紀貫之歌碑

 

 

いつよりも 春べになれば 桜川波の花こそ まなくよすらめ
紀貫之

 

 

白山桜(天然記念物)
白山桜(天然記念物)

 

 

白山桜と大和桜が美しく開花していました幹に
名前と天然記念物であることが記されていました。

 

 

大和桜(天然記念物)白山桜
大和桜(天然記念物)

 

 

枝垂山桜 しだれやまざくら
枝垂山桜 しだれやまざくら

 

 

垂れた枝に桜が咲き乱れていました。
微風にも揺れるので、なかなか撮影できませんでした。

 

 

大沢桜 おおさわざくら
大沢桜 おおさわざくら

 

 

京都大覚寺境内、大沢池のほとりにあった桜だそうです。
美しい八重咲きの花でした。

 

 

小南殿 しょうなんでん
南殿 なんでん

 

 

日光が当たると花弁が透きとおるようなピンクで、
非常に美しい桜でした。

 

京都御所の南庭に自生していたため、
この名になったということです。

 

 

佐野桜 さのざくら
佐野桜 さのざくら

 

 

佐野桜は、中の花弁が細いのが特徴だそうです。

 

美しいはじめて見る山桜に囲まれて、
撮影できとても雅やかな雰囲気があふれていました。
また、春に訪れたいと思います。

 

 

 

 

再訪

 

 

樺桜
樺桜

 

 

磯部稲村神社の境内に咲いていました。
神社の後方に要石がありました。

 

 

要石 磯部稲村神社
要石 磯部稲村神社

 

 

鹿島神宮の要石と対をなし、
ナマズの頭を鹿島神宮の要石が押さえ、
尻尾を磯部稲村神社の要石が押えると、
伝わっているそうです。

 

 

糸桜
糸桜

 

 

神社の境内を右に林を降りていくと、
糸桜が満開で驚いた。
すっと伸びた、枝に咲いた満開の花に
しばし夢心地になっていました。

 

すぐ隣には、桜川匂が咲いていました。
その桜は甘い香りを放ち、
更に夢心地になってしまいました。

 

 

桜川匂
桜川匂

 

 

この日は、顔を近づけてほのかに香っていましたが、
離れていても分かるくらいに、
香っている事もあるということでした。

 

また、是非訪れて見たいと思います。

 

 

再訪

 

久しぶりに磯部桜川公園に来ました。
今回は磯部稲村神社にいらしたスタッフの方に、
色々と教えて頂きました。

 

 

源氏桜
源氏桜

 

 

源氏桜に案内してくださり、特徴を教えてもらいました。
赤芽と薄紅色の桜の花が特徴のようです。

 

 

初重桜
初重桜

 

 

初重桜は花弁が六枚の白い花で、
八重になっていく過程の初めの特徴があるそうです。

 

 

磯辺桜
磯辺桜

 

 

更に磯辺桜という、受粉すると赤くなるという桜もみせていただきました。
上の写真はまだ白い方の段階ですが、スマホの以前に撮影したものを
見せていただくと真っ赤になっていました。

 

パンフレットをいただきながら、里山の山桜の写真を拝見し、
山に山桜が咲き乱れ美しい写真でした。

 

詳しい場所や時期を教えて頂き、早速その山に行ってみました。
新緑の中にいろいろな山桜が彩りをなし、壮観な眺めになっていました。

 

 

里山の山桜
里山の山桜

 

 

里山の山桜 (山上から)
里山の山桜 (山上から)

 

 

色々と興味深い桜の特徴や里山の山桜の事など、
詳しく教えて頂き、さらに深く桜川市の魅力を感じました。
教えていただいたスタッフの方、本当にありがとうございました。

 

里山の山桜は、他ではみられない雅やかな景色でした。
流石に古より遠く都にまで、名前の轟く「桜川」と思いました。

 

 

案内図