吉田八幡神社と三浦杉 常陸大宮市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

吉田八幡神社と三浦杉 常陸大宮市

場所 常陸大宮市小田野

 

見所 吉田八幡神社・三浦杉・狛犬(玉を押さえる狛犬・子狛犬を押さえる狛犬)
三浦杉公園(1万本の花菖蒲 6月中旬〜7月中旬)・道の駅みわ 北斗星
など

 

 

駐車場有

 

 

 

伝説の残る吉田八幡神社に来てみました。
すぐ近くの道の駅みわ北斗星にはよく寄っていたのですが、
吉田八幡神社には初めて訪れました。

 

 

三浦大介義明が勅命により下野国・那須野へ九尾の狐退治に行く途中、
吉田八幡神社に杉を植え、「われ冥護により よく武運を果し 心願を成就せば この杉 天にそびえよ」(神のご加護により、武士としての使命を果たし、願いが叶うなら、この杉、天にそびえよ。)と言われ。
見事に悪狐を退治されました。その場所が那須の殺生石だそうです。

 

 

三浦杉公園
三浦杉公園

 

 

駐車場のすぐ横に公園があります。
6月中旬〜7月中旬には1万本の花菖蒲が咲き誇ります。

 

 

写真の右側に旗が2本立てられている所が、
吉田八幡神社の入口です。

 

 

三浦杉公園 あじさい
三浦杉公園 あじさい

 

 

花菖蒲は咲いていなかったのですが、
土手にあじさいが咲いていました。

 

三浦杉公園 三浦杉の由来
三浦杉公園 三浦杉の由来

 

 

吉田八幡神社 入口
吉田八幡神社 入口

 

 

吉田八幡神社 鳥居 狛犬
吉田八幡神社 鳥居 狛犬

 

 

鳥居の向こうに鬱蒼とした杉木立が見えて来ました。

 

 

向かって左の狛犬は玉を抑えています。
右は子狛犬を抑えています。

 

 

吉田八幡神社 石段
吉田八幡神社 石段

 

 

杉のパワーに圧倒されながら、
太い杉木立の中ほの暗い石段を上ります。

 

 

吉田八幡神社 三浦杉
吉田八幡神社 三浦杉

 

 

吉田八幡神社

 

 

ご祭神:日本武尊、誉田別尊

 

 

御由緒:大同2年(807年)創建「八幡神社」。徳川光圀公が「吉田神社」と改め、
昭和12年に「吉田八幡神社」と改称されました。

 

 

 

杉木立の杉も大きいですが、
この三浦杉のパワーには圧倒されます。

 

 

神社の前の2本の杉が三浦杉です。
樹齢およそ800年 樹高58m、枝下29m 周囲10m
天然記念物に指定されている巨木です。

 

 

落枝の危険があるため、杉の根元には行けません。
遙拝所が設けられており、そこからの参拝となります。

 

 

 

神社のすぐ近くに道の駅みわ・北斗星がある。

 

 

道の駅みわ・北斗星
道の駅みわ・北斗星

 

 

地域の新鮮な農産物・加工品などが揃っていて、
食事もできるので、とても人気です。

 

 

三浦杉の大きさには、圧倒されました。

 

 

案内図