弟橘媛神社 天妃山展望台からの眺め 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

弟橘媛神社 天妃山展望台からの眺め

 

弟橘媛神社 天妃山展望台からの眺め

 

拝殿の左奥に上ると太平洋が見渡せる、天妃山展望台があります。

素晴らしい景観で、光圀公・斉昭公は勿論、

生家がすぐ側で、日本三大童謡詩人の野口雨情

新選組の芹沢鴨、養父が弟橘媛神社の神官。そして神官を受け継がれたそうです。

さらに、松下村塾の吉田松陰先生もここに訪れているそうです。

 

歴史に名を残した、方々がここに訪れた事があると知り、

その志を考えると感慨深いです。

大洋を眺めながら、ふと、その様な事を思ってしまいました。

 

 

天妃山由来

 

天妃山は昔朝日指峯と云い薬師如来を祀ってあった
元禄3年徳川光圀公が其の像を村の松山寺に移し唐の高僧心越禅師の奉携して来た天妃神を此処に祀り磯原大津の海の守護神としたそれより此の山と云う其の後、天保2年
徳川斉昭公が日本武尊の妃弟橘媛命を海陸の守護神として祀り弟橘媛神社と改めた依って天妃神は合祀となっている

 

区長氏子総代 野口章 撰書

看板より

 

 

弟橘媛神社 天妃山 北茨城市へ戻る